留守番に関する監修記事です

NTTドコモwebマガジン『ママテナ』さんに、留守番に関する監修記事が掲載されています。留守中の子どもの安全に関するお問い合わせは多いですが、大地震、事故、などが起きた時に、身近に駆け込める場所や、見に行ってくれる人がいるといいですね。

記事は、日常の危険について触れています。のぞいてみてください。

 

●企画『子どもの留守番。親として気をつけたいこととは?』

【vol.1】
「こんな危険も! 子どもの留守番のまさかの盲点」

http://mama.bibeaute.com/article/38275/

【vol.2】

事故、防犯面だけじゃない。子どもの留守番のココにも要注意!

【vol.3】

心配な子どもの留守番。効果的なオススメ対策

子ども安全メールfrom消費者庁

木曜日は、消費者庁からのメルマガが届く日です。今回は、
「Vol.297 花火によるやけどに御注意ください!」でした。
子どもは皮膚が薄いので、ダメージが大きくなります。
対策について、見ておいてくださいね。

まだ登録されていない方は、こちらから。http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/

image

過去の配信情報も見られるので、ぜひご覧ください。

 

花火でのやけどは、自分たちがしていなくても巻き添えということもあります。以前友人が公園で子どもを遊ばせているときに、小学生が遊んでいたロケット花火が倒れて飛んできて、子どもに当たって慌てて火を消したという体験を話してくれました。

周りで火を使っているときは、距離があっても注意した方がいいですね。

水の事故の取材記事が配信されました

◆NTTドコモwebマガジン『ママテナ』さん
テーマ「近年、多発している子どもの事故の盲点と対策とは?」全3回の最終回が配信されました。
【vol.3】夏のレジャーだけじゃない! 子どもの水の事故の盲点
http://mama.bibeaute.com/article/36449/

image

小さいお子さんは、もちろんですが、小学校高学年〜中1くらいも気になります。

着衣水泳や救急救命の体験ができるといいなと思います。

転落に関する取材記事が配信されました

ママテナさんの取材記事vol.2は、「予期せぬ子転落事故。多発する盲点とは?」です。

http://mama.bibeaute.com/article/36443/

 

階段の転落も気になります。自宅の階段にベビーゲートをつけていても、ゲートごと落ちる事故が起きています。イケアのベビーゲートのリコール情報もご覧ください。

http://www.ikea.com

 

誤飲に関する取材記事が配信されました

先日取材を受けてお話しした内容が記事になり、3回連続で配信されます。そのうちの1回目が、今日、配信されました。

◆NTTドコモwebマガジン『ママテナ』さん
テーマ「近年、多発している子どもの事故の盲点と対策とは?」

【vol.1】
「えっ、こんなモノまで!?」子どもの誤飲事故の盲点」
http://mama.bibeaute.com/article/36436/

小さいお子さんのいらっしゃる方は、ぜひお読みください。

mamatenna

また、タバコやボタン電池などを飲んでしまった場合の対応などについては、下記のサイトを参考になさってください。

●中毒110番
http://www.j-poison-ic.or.jp/
上記、「ボタン電池の危険について」や、「子供編チェックリスト」など、重要な情報が掲載されています。

——✳︎✳︎✳︎—–
そして、ママテナさんからいらした方も、もう少し大きいお子さんがいらっしゃる方も、当サイトの一般意見フォームより、「お子さんの危険に関することで、気になっていること」をお送りください!
(お子さんがいらっしゃる方は、何歳のお子さんのことなのか、書き添えてください。)
できるだけ、どうすればいいか一緒に考えて、サイトにお返事を出していきたいと思っています。

7/31までにお送りいただいた方から3名の方に、500円の図書カードをお送りします。お待ちしています!

嬉しい嬉しい17周年記念日です!

26年前にスタートした研究が実を結び、子どもの危険回避研究所ができたのが、1999年の6月25日。それから17年の間には山あり谷ありでしたが、記念日の今日、この新サイト”るっからん”をオープンすることができました。

 

この日に向けてお手伝いくださった皆さま、長い間待ってくださった皆さま、ありがとうございました。しばらく手付かずになっていた研究所サイト   http://www.kiken-kaihi.orgも、過去データの格納庫のような形にリニューアルでき、心からホッとしています。(今までの講演事例や、マスコミ協力記事などを見ていただけます。)

Kiken-kaihi

 

リスタートして、やりたいことが山盛りですが、お力を借りながら、ゆっくりと地道に充実させていきたいと思いますので、応援してやってください。

 

こんなことやってみたら? 今こんなことが気になってるの! こんなことがあったから注意して!など、ご意見やご感想を、「お問い合わせ>一般問い合わせ」からお送りください。楽しみにしています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


横矢